内臓 ハーブ 【 お腹のマッサージ 】

内臓 ハーブ 【 冬季限定 】

 

内臓 ハーブ

 

内臓ハーブとは、ハーブボールを使って行う、お腹のマッサージのことです。

お腹が冷えていたり、硬くなっている場合におすすめのメニューです。
それに加えて、もうひとつオススメしたいのが、「感情の浄化」です。

感情の浄化

日本では古くから、感情の乱れはお腹に溜まると考えられてきました。
私たちが、日常で使う言葉の中に

  • 腹を立てる
  • はらわたが煮えくりかえる
  • 腹黒い
  • 腹を割って話す

といった言葉があります。
怒った時や、心を開いた時、心を閉じた時などに「腹」を使った表現をしています。
お腹は私たちの感情と、深く関係がありそうですね。

「 内臓ハーブ 」では

  • お腹の冷え
  • お腹の強張り
  • 溜まった感情の浄化

この3つに、アプローチしていきます。

「 身体が冷えて 寝付けない・・・ 」
「 なんだか お腹が張っている 気がする・・・ 」
「 昨日あんな事言ってしまったけど、少し言いすぎたかも・・・ 」

そんな時は「内臓ハーブ」でお腹をあたためてみてはいかがでしょうか。

 

 

内臓ハーブとは

 

タイマッサージのハーブボール 。

 

【 3つのツボ 】にアプローチしながら、ハーブボールでお腹をマッサージ

 

ほかほかのハーブボールを使って、お腹にある 3つのツボ をあたためながら、内臓を動かしていく、オリジナルメニューです。

蒸籠(せいろ)で蒸したハーブボールを使い、冷えた内臓を動かすことによって、体をあたためる力を取り戻します。

 

お腹をあたためる、3つのツボ

 

お腹の3つのツボ

 

3つのツボ

  1. 中脘(ちゅうかん)
  2. 天枢(てんすう)
  3. 関元(かんげん)

 

お腹の動きが気になる方に、おすすめ

 

こんな時は、内臓ハーブで お腹にぬくもりを

お腹の冷え、便秘、胃もたれ、不眠、むくみ、溜まった感情の浄化

 

投稿日:2021年12月30日 更新日:

Copyright© 長閑 nodoka , 2022 AllRights Reserved.